〇〇は失敗だった…!平屋の家づくりで後悔されがちな10つのポイント

家族をそばに感じながら、快適な生活を送る日々。そんな日常を思い描いて建てた平屋では、理想の暮らしができそうですよね。

しかしいざ暮らしてみると『この間取りは失敗だった!』『もっと収納を造っておけばよかった!』という後悔がたくさん出てくることは珍しくありません。できれば、後悔のない理想の家づくりをしたいですよね。

平屋の家づくりで後悔されがちなポイントをしっかりと押さえておくことで、これからの家づくりに活かすことができます。
今回は、平屋の家づくりで後悔されがちな10つのポイントをご紹介します。


コラムのポイント
・平屋の家を建てた後、後悔されがちなポイントは土地の広さ確保や、間取り、収納、防犯面、ライフスタイルの変化への対応、水害、通風、採光など多岐にわたって挙げられます。
・後悔しないためにも、後悔されがちなポイントを押さえたうえで家づくりを進めていきましょう。


 

 

 

 

平屋を建てた後で後悔したことは?

新築の家を建てた後は、快適な暮らしができそうな気がしますよね。それでも感じてしまう後悔。いったいどのようなところに感じるのでしょうか。

 

後悔① 資金不足で十分な広さの土地が確保できなかった

 

平屋は、どっしりとした存在感や開放感が魅力です。しかしそれは広い土地があってこそ。予算を考えて、十分な広さを確保できない土地に平屋を建ててしまうと、平屋の良さを活かすことができません。

隣接する建物が2階建て以上になると、狭い土地の場合は家の中が見下ろされることになります。その場合、プライバシーを守ることが難しくなってしまいます。常に見られてる、気配を感じる、という暮らしは心地よくはないでしょうし、ストレスとなります。今は隣接する土地に建物がたっていなくても、いずれは建築されるという心配もあります。そうなると、平屋にしなければよかった…と思うかもしれません。

十分な土地が確保できないのであれば、無理に平屋を建てない方がいいのかもしれません。土地の広さや周囲の状況を判断した上で、平屋を建てましょう。
また、土地の広さや条件が厳しい場合は、プライバシーが守られるような工夫をしながら、ハウスメーカーの人にもアドバイスをもらいましょう。

 

後悔② たくさんのこだわりを断念してしまった

 

平屋を建てるなら、緑いっぱいの中庭にしたい、収納をたくさん造りたい、スタイリッシュなデザインにしたい…。たくさんの夢を思い描いて家づくりを始めたものの、そこに立ちはだかるのは価格という現実。その現実を見て、たくさんのこだわりを諦めてしまった方も少なくありません。
この先何十年と住み続ける家に、後悔しながら住み続けるなんて苦しいですよね。ここは絶対に譲れない!というこだわりは大切にし、実現できるように妥協できる部分を削って家づくりのバランスをとりましょう。

 

後悔③ 間取りが使いにくい

 

平屋の魅力は、ワンフロアのオープンな環境です。その中にたくさんの部屋を造ろうと壁を造ってしまうと、どうしても狭い空間になってしまいます。逆に、オープンな空間を残しすぎても、プライバシーの確保や生活スペースを分けることが難しくなります。

考えている間取り、提案されている間取りが生活スタイルに合っているのかしっかりとシミュレーションして、決めていくようにしましょう。また、部屋のために壁を造ることで、建築費がかかります。コスト削減という意識も持っておくと良いでしょう。

 

後悔④ 収納が多すぎた、少なすぎた

 

2階建ての家に比べると、平屋の家は収納スペースが限られています。モノは知らず知らずのうちに増えていくもの。増えたとしても出しっぱなしにならないように、収納スペースは多く設置しておきましょう。

ただ、収納スペースばかりで居住スペースが狭くなってしまうのも考えものです。収納を考える前に、一度家族がどれだけの荷物を持っているのか、減らすことはできないのか、増やしてもいいとすればどこまで増やすのか、といったシミュレーションをしてみましょう。

 

後悔⑤ やっぱり防犯面が心配…

 

平屋の家は、生活空間が1階のみになります。そのため、外から生活が見えやすいというデメリットがあります。大通りに面した場所や、人通りの多い場所であれば、カーテンを開けてしっかり日の光を取り入れる、寝苦しいので窓を開けて寝る、ということが難しくなります。また、外から見て生活状況がわかりやすいため泥棒の侵入なども気がかりです。

遮光カーテンをかける、夜間はシャッターを常に下ろす、といった工夫をあらかじめできるようにしておきましょう。

 

後悔⑥ 水害の対策が不安

 

平屋は1階部分しかないため、水害にはとても弱い建物です。水害で、平屋の家が大きな被害を受けている光景は記憶に新しいのではないでしょうか。2階部分がないため、いざという時に2階や屋根の上に逃げることができません。

平屋を建てる前には、必ずハザードマップを確認しましょう。最低2つの機関の情報は集めておくのが得策です。近くの川の氾濫の可能性はないか、もし氾濫した場合どこまで水位が上がるのか、平屋でも大丈夫そうなのか、近くに避難場所はあるのか、といった点には気をつけましょう。

 

後悔⑦ ライフスタイルの変化に対応できない

 

子どもが小さいうちに部屋を造っておこう、子どもたちは全員独立して出て行くだろうからたくさん部屋は必要ない…と未来を想定して間取りを考えるものの、それでも変化するのがライフスタイルです。生活リズムが大きく変わるかもしれませんし、家族の人数も変わるかもしれません。
きちんと整備された部屋を初めから仕上げておくのではなく、後の変化にも柔軟に対応できるような間取りにしておきましょう。家具で空間を仕切る、可動式の壁を取り付けておく、など工夫することで、大掛かりなリフォームを避けることができます。

 

後悔⑧ 風通しが微妙

 

自分たちが思い描く間取りを押し通してしまうと、風通しがあまり良くない家になってしまいます。部屋の空気が悪くなると、体調にも影響を及ぼしますし、湿気がたまりカビが生えやすくなる原因にもなります。

風の通りは生活の満足度を大きく左右しますので、風の通りを考えて造られた間取りプランを大切にしましょう。大きな窓を設置する、中庭を造って空気が循環するようにする、といった工夫ができます。

 

後悔⑨ 採光が良くない

 

平屋はワンフロアの面積が広いため、家の中心にくる部屋の採光がどうしても悪くなってしまいます。そのため、採光するためにはあらかじめ工夫が必要です。採光によって部屋の中の明るさや温かさが左右されますし、洗濯物をどこに干すかも変わってきます。

中庭を設置する、天窓を設置する、平屋の形を長方形に寄せる、などの工夫ができるかどうかをあらかじめ相談しておくと良いでしょう。また、洗濯物をどこに干すのかも考えなければなりません。

 

後悔⑩ 動線をもっと考えておけばよかった

朝のバタバタとした時間、家事をしながら子どもの準備の手伝いをする、洗濯物を回しながら掃除機をかける…といった家事の効率を左右するのは、動線が整っているかどうかです。この動線が悪いと、何度も同じ場所を行ったり来たりしなければならない、スムーズに動けない、家族とぶつかる、といった小さなストレスのもとがたくさん生まれます。

平屋の場合、生活スペースが限られています。そのスペースをいかに無駄のないように工夫して暮らすことができるかはとても重要です。あらかじめ家族や自分自身の動きをシミュレーションしておき、動きを考慮した上で間取りを考えていけるよう工夫してみましょう。

 

建築条件を整えて安心の平屋生活を

 

これからの暮らしを大きく変える家づくり。あらかじめできる準備をしておくことで、後悔を少しでも減らすことができます。納得できる家づくりをして、快適な暮らしを手に入れましょう。

2階建てとは違う平屋の家づくり。たくさんの知識と経験をもとに、お客様をサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。