2030年に義務化される未来基準・省エネの家を。

省エネ

ネクストハウスは、2030年に義務化予定の省エネ基準に適合した高気密・高断熱・高遮熱仕様で一年を通してご家族が健やかに暮らせる住まいを実現します。
※建上地、ご希望のプランや仕様によってはクリアできない場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

ネクストハウスは、2030年の省エネ基準に適合した住まいをお届けします。

2030年以降は省エネ基準をクリアした家しか建てられない。

今までの日本には省エネに関しての建築基準はなく、あるのは「努力目標」だけでした。2015年4月から完全施行された省エネ基準により、2030年には、すべての新築住宅に省エネ基準の適合化が義務づけられ、この基準を満たした家しか建てられなくなります。
省エネ性能が足りていない住宅は、2030年以降は「既存不適格物件」と判断される可能性が高くなります。それにより、後から追加工事が必要になったり、住宅ローンの優遇措置が期待できなくなるなどのデメリットが想定されます。
そのため、これから家づくりを考えている方には、新しい省エネ基準への適合が重要なポイントなります。

省エネ基準の物差しは「断熱性能」と「一次エネルギー消費量」。

改正された省エネ基準では、これまでの外皮(天井・屋根・外壁・床)の断熱性能に加え、住まいで使う電気やガスなどの熱量の消費量=「一次エネルギー消費量」という2つの物差しで評価されます。
「一次エネルギー」とは、化石燃料、原子力燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーを指し、これらを変換・加工して得られるエネルギー(電気、灯油、都市ガス等)を「二次エネルギー」といいます。
建築物では二次エネルギーが多く使用され、それぞれ計算単位(kWh、l、MJ等)も異なります。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ、GJ)で求めます。また、太陽光発電などによる創エネ分はエネルギー削減量として差し引くことができます。
つまり、高気密・高断熱・高遮熱仕様に、省エネにつながる設備を搭載した「一次エネルギー消費量」が少ない”未来を見据えた家”が、いま望まれています。

省エネ

ネクストハウスは未来の基準に先行して適合した住まいをお届けします。

ネクストハウスでは、建物全体を断熱性の高い構造で包み込む工法を採用しています。外壁は屋外の熱を伝えにくい外壁通気工法と断熱材・石膏ボードを組み合わせ、熱のこもりやすい小屋裏には断熱材・石膏ボード、床下には断熱性と通気性に優れたポリスチレンフォームをそれぞれ採用。きめ細かな配慮で高い気密性・断熱性を達成しています。
また、太陽光発電システムをはじめ、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)やリチウムイオン蓄電システムなど、多岐にわたる先進技術を活用。国のエネルギー政策を先取りし、「ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」にも対応する住まいづくりを進めています。

省エネ

未来の省エネ基準に対応する高気密・高断熱の住まい

省エネ

少ないエネルギーで快適な室内環境を創造

住まいの省エネ基準は、地球温暖化防止の一環として、住宅におけるCO2排出削減を目的としたものです。断熱性能、気密性能、通風・換気・暖房について設定された基準で、2030年に義務化される基準です。従来基準より10%~30%程度の省エネ効率向上を目指しています。
ネクストハウスは、この省エネ基準をクリアしています。たとえば、壁や床には発泡断熱材などの高性能な断熱材を使用。さらに、結露防止に効果を発揮する「インテリア断熱サッシ」を装備することで、建物の気密性を高め熱損失を最小限に抑えています。

最新テクノロジーを搭載したインテリア断熱サッシ

外壁の開口部(サッシ)は、気密性・断熱性を考える上で重要なポイント。ネクストハウスのサッシは、先進技術が織り成す強力なシナジー効果により、最高水準の断熱性能と高いデザイン性を実現しています。
2枚のガラスと中空層で断熱効果を高める「一般複層ガラス」と、特殊金属膜の効果で一般複層ガラスの約2.0倍の高い断熱性を発揮する「Low-E複層ガラス」の2タイプをご用意。オプションで、熱伝導率の低いアルゴンガス封入タイプの選択も可能です。

省エネ
省エネ

窓の断熱性能を高めるために、フレームをスリム化し、ガラス面積を最大化しました。さらに、フレームを隠して熱のロスを低減する「フレームイン構造」を採用。フレームと窓枠のラインを合わせることで、フレームの露出を抑えて断熱性を向上。室内からフレームが見えず、すっきりとした窓辺を実現できます。

一次エネルギー使用量を削減する[自然エネルギー活用システム] ※オプション

省エネ

HEMS・太陽光発電・蓄電池を導入した全体構成概略図

環境にも家計にも優しい「太陽光発電」

気密性や断熱性を高めてエネルギー消費を抑えると同時に、自然エネルギーを上手に利用することで、一次エネルギー消費量をゼロに近づけることができます。
例えば、太陽光発電。昼間、太陽の熱で発電した電気を家庭内で利用し、余った分を電力会社に売電することができます。エネルギーを効率よく利用しながら、光熱費も大幅に軽減します。

省エネ

電力を蓄えて使う「リチウムイオン蓄電システム」

さらに最新技術を組み合わせることで、エネルギーをより効率的に活用できます。リチウムイオン蓄電システムは、太陽光発電による電力や、お得な深夜電力を蓄えておいて、必要なときに活用。電気をより賢く使いこなすシステムです。

省エネ

住宅内の電力の流れを賢く制御する「HEMS」

地球環境も考慮しながら、電力エネルギーと賢く付き合っていくには、「消費する」と「創る・蓄える」を賢く組み合わせて運用することが大切なポイントです。HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)は、住宅のエネルギーを効率的に管理する最新技術。
リアルタイムで電力の使用状況を”見える化”しながら、余分な創電分を売電したり、蓄電システムに蓄えた電力を昼間の電力ピーク時に利用したり、エネルギーの流れを制御します。また、災害時や停電時には、住宅内の非常用コンセントに電力を供給するなど、安心の暮らしをサポートします。