吹き抜けリビングのデメリットは対策できる|新築の寒さ対策と間取りアイデア

開放的な吹き抜けリビング

解放感がありおしゃれな吹き抜けリビングは人気の間取りですが、寒さやメンテナンスなどのデメリットを心配する方も多いようです。確かに大きなお部屋はデメリットもありますが、現代の住宅技術なら十分対応できます。

今回は吹き抜けリビングのデメリットと対策にスポットを当てて解説していきます。せっかくの新築住宅なら、制限なく理想の間取りを実現しておしゃれに暮らしましょう。

 


目次
■吹き抜けリビングが寒いのは昔の話
■吹き抜けリビングのデメリット対策
■吹き抜けリビング+リビング階段のメリット
■吹き抜けリビングの建築実例集


建築実例

■吹き抜けリビングが寒いのは昔の話

おしゃれな吹き抜けの間取り

日本の住宅では昔から、「吹き抜けや大きな空間は寒くて光熱費がかかる」と避けられてきました。これは、日本の住宅が最近まで断熱性を重視してこなかったことが原因です。実際、寒さが厳しい北欧エリアの住宅は断熱性が高く、昔から吹き抜けの間取りが多く採用されています。

最近は省エネ需要の高まりによって、日本の住宅も断熱性能がアップしています。吹き抜けの大空間が寒いのは昔の話ですから、しっかりと対策をして快適でひろびろしたリビングを手に入れましょう。

 

■吹き抜けリビングのデメリット対策

大きな吹き抜けリビング

続いて、具体的な吹き抜けリビングのデメリットと、対策方法をセットで解説していきます。

 

・暑い/寒い

大きな空間は窓の数や外部と接触する外壁が多くなるため、小さい部屋と比べると暑さや寒さを感じやすくなります。特に屋根裏までの大きな吹き抜けは、夏の太陽に暖められた屋根の熱が伝わって暑くなりやすいです。

 

【対策】⇒断熱性を高める

冒頭でも少し触れましたが、現在の住宅技術なら断熱性を高めて暑さ寒さに対策することができます。屋根・壁にしっかりと断熱材を入れて、ペアガラスの断熱サッシを使うことで外からの暑さ寒さ侵入をカット。また、むやみに大きな窓を配置せず、高い位置に小さな窓を付けることで、断熱性は確保しつつ明るいリビングも目指せます。

ネクストハウスは住まいの断熱性と省エネ性能にも力を入れています。オプションでさらに断熱性能の高いサッシなどもご用意していますので、大きな吹き抜けの計画もご安心ください。

【ネクストハウスの省エネ性能】

 

・電球の交換が大変

大きな吹き抜けの天井に設置する照明器具は、電球が切れたときの交換が大変です。最近はメンテナンスサイクルが長いLED照明が増えていますが、それでも切れた時に交換するのはちょっと面倒ですよね。はしごをかけないと届かないような高い場所の照明器具だと、落下によるケガなども心配です。

 

【対策】⇒電動昇降タイプを選ぶ

吹き抜けなど高い天井の設置用に、照明メーカーは電動昇降タイプの器具を用意しています。手元のスイッチで簡単に上下してお掃除や電球の交換が行えますので、普通の照明器具と手間は変わりません。手の届く位置まで降りてくるタイプもあるため、かえってメンテナンスしやすくなる場合もあります。2階から手が届かないタイプの間取りでも、昇降機能付き照明で解決できますのでご安心ください。

 

・音が広がる

空間が仕切られていない分、吹き抜けの間取りではリビングのテレビや食器などの生活音が広がりやすいです。家族の間で就寝時間が違うと、2階の寝室でリビングの音が気になるといった不満が出るケースも。

 

【対策】⇒寝室の防音性能を高める

吹き抜けの間取りを採用するなら、寝室の防音性能を高めて就寝時の快適性に配慮しましょう。壁の防音性はもちろんですが、室内用の防音ドアを選ぶのも有効です。また引き戸は構造上すき間ができて音が漏れやすいため、避けた方が静かに過ごせるでしょう。

可能であれば、寝室をなるべく吹き抜けから離して配置するのもおすすめ。

 

・ニオイが広がる

キッチンのお料理で出るニオイは、暖められた空気と一緒に高い場所にたまることがあるため、吹き抜け全体に広がりやすくなります。お魚料理やニンニク料理など、香りが強い料理が多いと気になるケースが多いようです。

 

【対策】⇒半個室キッチンにする

最近はオープンタイプのLDKレイアウトが主流ですが、周囲に壁が無いと当然ニオイが広がりやすくなります。吹き抜けの間取りでニオイを抑えるなら、半個室レイアウトのキッチンにしてみるのもおすすめ。

周囲に壁があることでニオイが拡散せず換気扇に吸い込まれやすく、窓を開けてカウンターキッチンにすることでお料理中のコミュニケーションも問題ありません。リビングからキッチンの生活感が見えにくくなり、おしゃれな空間を維持しやすいメリットもあります。ニオイが気になる方や、お料理が趣味の方はぜひ検討してみてください。

 

・エアコンの効きが悪い

天井高さがある吹き抜けの間取りでは、エアコンやストーブで暖められた空気は天井付近にたまりやすく、効きが悪いと感じるケースがあります。また、空気の体積自体が大きいため、エアコンのスイッチを入れてから適温になるまで時間がかかる点もデメリットといえます。

 

【対策】⇒シーリングファンで攪拌する

空調の効き対策としては、吹き抜けの天井部分にシーリングファンを設置するのが有効です。シーリングファンは天井に設置する扇風機状の装置で、お部屋全体の空気を攪拌して均一にしてくれます。エアコンの効きを感じやすくなりますし、電気代節約につながることも多いです。

おしゃれなレストランやホテルのラウンジなどで見かけることも多く、設置するだけで意匠性がアップするのもうれしい効果。照明器具とセットになっているタイプを選べば、圧迫感無く吹き抜けの空調対策になります。

建築実例

■吹き抜けリビング+リビング階段のメリット

吹き抜け+リビング階段

吹き抜けのリビングと相性が良く、採用例が多いのがリビング階段の間取り。1Fと2Fがつながるリビング階段も、住まいの断熱性アップとともに人気が高まっている現代的なデザインです。吹き抜けリビングと階段を組み合わせるメリットをご紹介します。

 

・効率の良い間取り

リビングに直接階段を設置することで、廊下と階段ホールを無くして床面積を節約できるのは大きなメリット。数畳分の床面積が浮きますので、費用を節約したり収納を増やしたり色々な選択肢が生まれます。浮いた分リビングを広くしてあげれば、さらにおしゃれに仕上げることもできますよ。

 

・家族のコミュニケーションが生まれる

1Fがリビングで2Fが子供部屋といった間取りなら、学校の行き帰り時に必ず顔を合わせて自然なコミュニケーションが生まれます。普段からたくさんコミュニケーションを採れるため、体調不良や悩みなどを自然に察知してサポートしてあげることができます。

 

・リビングがさらに広く見える

リビングが行き止まりではなく次の間取りにつながることで、感覚的な広がりが出るのもリビング階段のメリットです。吹き抜けと組み合わせることで高さが強調されるのも、解放感アップにつながります。

 

■吹き抜けリビングの建築実例集

ネクストハウスがお施主様のご要望にお応えした、吹き抜けリビングの実例をピックアップしました。他のお写真も詳細ページにご用意していますので、気になる物件はそちらもチェックしてみてください。

 

一部吹き抜けのリビング

リビング空間のみ吹き抜けにすることで、ダイニングキッチンと緩やかにゾーニングしているレイアウトです。半個室のキッチンでニオイの拡散を抑えつつ、リビングとのコミュニケーションも取れる良いとこ取りの間取りアイデアですね。

【吹き抜け付きの開放感あるLDKが家族を優しく包む家】

 

平屋の吹き抜けリビング

平屋の大きな屋根裏空間を活かした、大きな吹き抜けのリビングです。ロフト空間につながる階段が、高さを強調してさらに空間を広々見せています。

【極上の「大人カフェ」のお家】

建築実例

■まとめ:吹き抜けリビングはオーダープランでおしゃれ&快適に

住まいの主役であるリビングをおしゃれに仕上げる吹き抜けの間取り。住宅性能が上がってデメリットが少なくなった現代では、ぜひ検討したいデザインの一つです。ネクストハウスは住まいの見えない部分にもこだわり、高い断熱性能と気密性を持った住まいをつくります。光熱費や寒さが気になってリビングを敬遠している方も、ぜひ検討してみてください。

【ネクストハウスの基本性能】

 

自社開発のオリジナルオーダーシステムで、価格を抑えながら自由な吹き抜けデザインにも対応します。ライフスタイルに合わせて、快適でおしゃれな吹き抜けリビングを目指しましょう。

オリジナルオーダーの注文住宅

【ネクストハウスのオリジナルオーダーシステム】

 

住まいに関するどんなお悩み・ご質問にもお応えする無料の住まいづくり相談会も実施しています。オンライン相談もご用意していますので、お気軽にお声かけください。

【無料相談会・WEB相談の受付はコチラ】

注文住宅のモデルハウス

【ネクストハウスのモデルハウス情報】