【自由設計の家】間取りと値段を徹底分析!

 

 

いつかはマイホームを持ちたい!と思っているものの、注文住宅や自由設計、建売り住宅とたくさんあってどれがいいのかがわからない、希望は自由設計だけど、詳しい内容がいまいちわからない…と不安を抱えてはいませんか?

これから家づくりを始めるのであれば、スピーディーに進められるだけでなく、間取りの自由度も高い自由設計の家がお勧めです。家づくりの中で希望を叶えやすい自由設計の魅力をご紹介します。

 

 

コラムのポイント
・家づくりには、自由設計、注文住宅、建売り住宅といくつもパターンがありますが、価格を抑えつつ自由に間取りが設計でき、住む人の理想を実現するのは自由設計の家だけです。
・自由設計の家の魅力は、何と言っても間取りの自由度の高さとスピーディーに計画を進められること、他の販売方法よりも価格を抑えやすい、といった点です。
・このコラムを読んでいただくことで、自由設計の魅力を知り、これからの家づくりをスムーズに進めていくことができます。

 

 

 

 

自由設計って?どんな仕組み?

『自由設計の家』とよく聞くものの、何がどこまで自由なのか、どのような仕組みなのかがよく分からない、という方も多いかもしれません。自由設計は簡単に言うと、ある条件を満たした土地に家を建てると、自由な間取りにできるよ、という家なのです。

 

宅地条件付き土地

建築条件付き売地は、土地の売主や売り主が指定するハウスメーカーや工務店などの建築業者と契約を結び、その建築業者で家を建てることが条件の住宅のことをいいます。つまり、すでに取引や話し合いを行う建築業者が決まっているということです。

自分で選ぶことができないので、好みの建築業者に家を建ててもらうことができません。バスやキッチンなども、システムキッチンはあのメーカーにすると決めていた、お風呂の設備は自分で決めたい、という場合にはあまり向いていません。

 

建築条件付き売地は、建物の間取りプランなどを決めてから建築請負契約を締結するまでが約3ヶ月、という期間で多くの場合設定されています。もし、期間内に間取りや諸々のプランが決まらなかった場合、土地の契約自体が白紙撤回になります。もし白紙に戻るのであれば、それまでに支払いが生じていた場合は返金されますし、違約金も発生することはありません。

また、土地の売買契約と建築工事請負契約を同日にすることは、違法とされています。宅地建物取引業法で禁止されている建築確認前の建売住宅販売と実質的に変わらないためです。

土地の売買契約と建築工事請負契約は、業者によっては同じ日にしようとする場合があるので、違法であるという知識は持っておくようにしましょう。

 

自由設計で家を建てると決めた場合、スピーディーに計画を進めていかなければならないため、ゆっくりじっくりとプランを練りたい場合はあまり向いていないかもしれません。

 

 

 

注文住宅とは

注文住宅は、自由設計と似たように感じるかもしれませんが、中身が大きく変わります。注文住宅は、どのような家を建てるか、間取り、外観、使用する設備、内装など全てを自分たちで決めていくものです。とても自由度が高く、世界に一つだけの家を作りたい!理想のライフスタイルを送りたい!という方々にとっては理想の家づくりの形と言えるでしょう。ただ、その分家づくりにかかる費用は自由設計に比べかなりかかる上、ある程度知識がないとスムーズに進めていくことができません。

 

 

建売り住宅とは

建売り住宅は、土地とセットで販売されている新築分譲住宅のことをいいます。

売り出し方としては、

・住宅の完成後に販売が開始されるケース
・住宅建築中に販売がスタートするケース

とがあり、広大な土地をいくつかの区画に分け、仕様が同じ住宅を建てていきます。2〜3棟程度の小規模の分譲住宅地から、数10〜100棟を超える大規模分譲地まで幅広くあり、大規模分譲地となると、街並みが統一されており、家づくりだけでなく街全体が作り上げられる大掛かりなプロジェクトである場合がほとんどです。

 

 

 

このように、自由設計、注文住宅、建売り住宅とそれぞれ内容が異なります。自由設計は、一見自由度が低いようにも感じるかもしれません。しかし、間取りの自由度が高く高価格になりにくいだけでも、初めての家づくりにはとても適した方法だと言えます。

 

 

 

 

自由設計の3つの魅力

自由設計には、大きな魅力が3つあります。

 

魅力① 間取りの自由度の高さ

自由設計の魅力は、何と言っても間取りの自由度の高さでしょう。自由設計の家は、設計段階から間取りの希望を伝えることができます。リビングを広く取りたい、それぞれの部屋は狭くてもいいから部屋数を増やしたい、などといったような、家の快適さを大きく左右する間取りそのものを自由に選ぶことができます。

 

 

魅力② 家づくりにあまり時間がかからない

自由設計の家は、注文住宅に比べて打ち合わせ時間や期間が少なくなります。元すでにモデルプランがある場合がほとんどだからです。そのモデルプランをベースに、お客様の好みや希望を反映させていくため、一から作り上げていくだけの時間は必要なくなります。

仕事や子育てと並行して家づくりを進める、というのはとても大きな労力を要します。長期間にわたって進めていくとなると、疲れも溜まってきます。ある程度の希望はあるものの、基本的に専門業者に任せたい、時間がそこまで使えないというのであれば、元々のモデルプランはありがたいですね。

 

 

魅力③ 他の建て方に比べて価格を抑えることができる

自由設計の家は、建物自体を建築業者が指定した資材や設備で建てることになります。そのため、ある程度の建築費を抑えることができます。

実は、間取りの自由度の高い自由設計の家と、すでに建てられた状態で販売されている建売り住宅との価格差は、さほどありません。その理由として、自由設計の家は主導権を握る売主が土地と建物の両方から利益を得ることができるため、土地と建物を別々に購入するよりも低めの価格設定となっているからです。価格差がさほどないのであれば、間取りを自由に決めた方が自分たちの生活スタイルにあった生活を続けていくことができそうですよね。

 

 

自由設計の家には、『建てる時』も『建てた後暮らし続ける中』でも感じることができる魅力がたくさんあるのです。

 

 

 

 

自由設計にかかる値段

自由設計の家は、建物本体だけでなく土地も比較的価格を抑えて購入することができます。

土地単体の購入の場合、同じ土地でも自由設計ではなく、注文住宅を建てるのであれば相場と同等か相場の1.3倍くらいの価格で販売されているのが現状です。そして仲介手数料などの諸経費で、さらに価格は上がってしまいます。その点、自由設計の家は宅地条件付き土地というように、条件がつくことによって土地を安価で購入することができます。

 

また、オリジナルオーダーシステムを活用することで、ハイスペックの自由設計の注文住宅であれば1,500万円代から建てることもできます。

 

 

 

 

理想の家づくりは自由設計の家で

みなさんがお持ちの理想の家。これは、自由設計の家で建てることができます。自由設計の家には様々な条件がありますが、良いところをしっかりと見た上で、自分たちの理想とすり合わせながら家づくりを進めていきましょう。

 

ネクストハウスは、お客様の理想を叶える世界で一つだけのお家を提供いたします。

 

お客様のご状況・ご希望をお聞かせください。お客様のご相談内容に応じて、アドバイスや自由設計のご提案をさせていただきます。