【マイホーム計画】理想の家を手に入れる具体的な方法を紹介

 

憧れのマイホーム購入を計画する際、初めて家を購入する人にとっては何から始めればいいか分からないことが多いでしょう。家を買うということは人生において一番の買い物でもあるため、失敗せずに満足のいく家を手に入れたいと思う人も多いはずです。

 

そこで今回は、マイホーム計画をスムーズに、理想の家を手に入れるための具体的な方法を紹介していきます。これからマイホームの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■マイホームを計画する際決めるべきこと
■マイホームを購入するまでの流れ
■住みやすい家を建てるコツ
■まとめ│マイホームは計画をしっかりと立てることで失敗しない


建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

■マイホームを計画する際決めるべきこと

補助金活用は計画的に

 

マイホームの購入を計画する際、家を探す前にまずやるべきことがあります。なにも予定を立てず家を探すのは効率が悪く、実際の購入にいたってもあとで失敗したな、と思うようなことがでてきてしまうかもしれません。ここではまず、家を買おうと思ったら最初にやるべきことについて紹介していきます。

 

・予算計画

 

マイホームを購入するためには資金が必要です。家を買う場合大抵はローンを組み、それとは別に頭金を用意し支払いをすることが多いですが、費用がかかるのは家だけではありません。注文住宅の場合家を建てる土地が必要であり、土地代と建築費は別となります。

 

また、土地代、建築費以外にも諸費用として印紙税や登記などの手続きがあり、その際にも費用がかかるのです。さらにこれらの手続きにかかる費用は現金で支払う必要があるため、手元にある程度の資金を用意しておく必要があります。

 

それらの費用も含めて全体にかかる予算設定をするべきでしょう。予算を決め、そのなかで土地や建物、諸費用に掛かる費用を割り振ることでおおよそどれくらいの家を購入するべきかが分かります。無理のない予算計画を立てましょう。

 

・土地探し

 

家を建てる場合、まずは土地を探す必要があります。土地探しは簡単ではなく、家族の希望や周辺環境、土地の状態などを考慮したうえで最適な土地を探すのがいいでしょう。土地によって建てられる家の条件は異なりますが、自身で探すよりも不動産会社やハウスメーカーに相談することでより条件に合う最適な土地を探すことができます。

 

土地次第ではせっかくの家の魅力を最大限活かすことができない場合もあるため、土地探しは非常に重要となるのです。土地の状態などを考慮しつつ、理想の家づくりが可能な土地を探してみましょう。

 

・間取り設計

 

家の間取り設計は暮らしの質に直結する重要な内容です。間取りが悪いと使い勝手が悪く、快適な家とは呼べません。間取りを決めるうえで重要なのは家族構成、ライフスタイルを考慮することです。それらを意識した間取り設計でないと、実際に住み始めてから不便に感じる点がでてくるでしょう。

 

階段の位置や部屋の配置一つにしても住む人の生活に合わせた設計でないと、どんなにおしゃれな家にしたところで使い勝手が悪く不満がでてきてしまいます。それらを回避するためには「あるべき場所にあるべきもの」を正しく配置することが重要です。

 

■マイホームを購入するまでの流れ

 

実際にマイホームを購入する際の流れはある程度決まっています。決めることや手続きなど、細かいことはたくさんありますが、まずは大まかな流れを把握しておきましょう。家を購入するまでの流れをイメージすることで、やるべきことも分かってくるはずです。

 

・建てる(購入する)家のイメージを決める

 

まずは購入する家のイメージを固めるところから始めましょう。その際は一緒に住む家族とも話し合い、どのような家に住み、どのような暮らしを送りたいかを明確にすることが重要です。家族でそれぞれ方向性がバラバラであると土地探しや間取り設計が定まらないことが多く、なかなか住みたい家が見つからない可能性があります。

 

そのため、まずはマイホーム購入の目的とゴールをしっかりと決め、それに沿って土地探しや家探しをするのがおすすめです。

 

・ハウスメーカーを探す

 

物件や土地を探す際にはハウスメーカーに相談するのがよいでしょう。なぜなら、ハウスメーカーは家や土地のことはもちろん、周辺地域のことなどについても詳しいため、住む人にとって有益な情報を提供してくれるからです。

 

また、土地の状況によっては建てられる家の条件が決まってしまうこともあるため、あらかじめ「こんな家が建てたい」というイメージを伝えればその土地で建てられる家を提案してくれるといったメリットもあります。ハウスメーカーに相談することでマイホーム計画はスムーズになるので、信頼できるハウスメーカーを探してみましょう。

 

・土地探しと購入

 

実際に住みたい地域が決まったら土地を購入しましょう。土地を購入する際は広さだけでなく、形状や周辺地域、地盤についても調べる必要があります。また、周辺に大きめの河川や山がある場合には災害時のハザードマップを確認するなど、家や家族を守るために必要な情報も集めなければなりません。

 

長く住めるマイホームを購入したいのであれば、ある程度時間をかけ、納得のいく土地を見つけることが重要です。

 

・住宅ローンの申し込み

 

マイホームを購入する際、住宅ローンを契約する場合が多いですが、その際いくら借り入れどのような返済プランで支払うのかを決めましょう。また、住宅ローンを組む際には頭金を入れることで月々の支払額が少なくなります。

 

頭金の目安は住宅購入(土地代含む)にかかる費用全体の10%~20%であることが多いため、4,000万円の家を買うのであれば400万円~800万円の現金が必要です。そのためにはあらかじめ予算を決め、それをもとに支払い計画を立てなければなりません。

 

無理のない返済プランを立て、金銭面で今後の生活に支障をきたさないようにしましょう。

 

■住みやすい家を建てるコツ

 

土地が決まり、実際にどのような家を建てるかを決める段階に入った際、より住みやすい家を建てるためのコツについて紹介していきます。理想の家づくりをするためには見た目や機能にもある程度こだわり、住む人にとって快適な家になることを目標としましょう。

・広々とした間取り

 

家族構成を考慮したうえで部屋の数や配置を決めますが、たとえばリビングのような人が集まる空間はできるだけ広々とした空間であることが望ましいです。そのためにはなるべく不要なものはつくらない、置かないといったことを意識しましょう。

 

また、部屋の壁紙や天井、床といったデザインを工夫することでも部屋を広く見せることはできます。ゆったりとくつろげる広いリビングやバスルーム、キッチンをつくることで生活の質も高まるためおすすめです。

 

・使い勝手のよい間取り

 

主婦の方にとっては日常の大半を家事に費やすという人もいるかもしれません。そのような場合、普段頻繁に使う場所の動線を効率良くすることが重要です。たとえばキッチンを例にすると、スペースが狭く移動がしずらい、逆に広すぎてムダな移動が増えてしまうといった場合、使いずらさを覚えるでしょう。

 

洗濯や収納スペースなども同様に、欲しいところに欲しい機能がないとそれだけで効率が悪くなってしまいます。そのような不満を解消するためにも、使う人に合わせた最適な間取り配置にすることが大切です。

 

・おしゃれなデザイン

 

憧れのマイホーム購入となれば、やはり見た目にもこだわりたいところですよね。お気に入りのデザインの家に住むことができれば、家にいるだけでも満足感を味わうことができます。そのためにはあらかじめどのようなデザインにしたいか、イメージを描いておくことが重要です。

 

ハウスメーカーの施工事例を参考にするなど、さまざまなデザインのパターンを調べておき、そのなかで気に入ったデザインを伝えることでより理想に近いマイホームを建てることができます。インテリアや外観にこだわった、おしゃれな家づくりを検討してみてください。

 

■まとめ│マイホームは計画をしっかりと立てることで失敗しない

ひろびろリビングの間取り

 

憧れのマイホーム購入計画は、段取りを理解ししっかりと準備をすることでスムーズにすすむでしょう。人生において大きな買い物であるため、できれば失敗は避けたいところですよね。

 

そのために予算や希望の家のイメージをあらかじめ決めておき、土地や地盤といった専門的なことはハウスメーカーに相談するなど、手順を踏んで実行していくことで満足のいくマイホームを購入することが可能です。

 

今回の記事を参考に、失敗のないマイホーム計画をすすめていけるよう取り組んでみてください。

 

家づくりのこと何でもご相談可能!「おうちでオンライン相談」実施