オープンキッチンで後悔しないために│オープンキッチンの善し悪しを理解しよう

おしゃれなアイランド型キッチン

 

最近ではおしゃれなオープンキッチンを採用している家も増えています。オープンキッチンは見た目がよいだけでなく、機能性にも大変優れているのです。そのため、新居にはオープンキッチンを採用したいと考える人がたくさんいます。

 

しかし一方で、オープンキッチンを採用して後悔しているといった人もいるようです。ではなぜそのようなことになってしまうのか、今回はオープンキッチンで後悔しないためのコツや、オープンキッチンの特徴について紹介していきます。

 

コラムのポイント
・オープンキッチンの種類やその特徴について紹介します。
・オープンキッチンで後悔しないために、最適なキッチンスタイルを選択しましょう。
・オープンキッチン設置にかかる費用を確認し、予算計画を立てましょう。

 


目次
■オープンキッチンの特徴とそれぞれのメリット
■【後悔しないために】オープンキッチンのデメリット
■オープンキッチン設置にかかる費用相場
■まとめ│オープンキッチンで後悔しないために間取りに合わせた設置が重要


建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

オープンキッチンの特徴とそれぞれのメリット

 

ここでは、オープンキッチンの特徴について紹介します。オープンキッチンは従来の家の「台所」とは大きく異なり、デザイン性や機能性に優れているため多くの方に人気です。オープンキッチンにはいくつかの種類があるため、それぞれの特徴やメリットを解説します。

 

アイランド型

IHクッキングヒーター付きのキッチン

 

アイランド型キッチンの特徴は、キッチンスペースが完全に独立していることです。キッチンの周りをぐるっと一周することができるため、キッチン周りが動きやすくなるでしょう。設置にはある程度のスペースが必要となるため、間取りとのバランスを考慮して設置しなければなりません。

 

デザイン性も高く、リビングのデザインと統一することでとてもおしゃれなLDKになること間違いなしです。

 

ペニンシュラ型

汎用性の高いペニンシュラ型キッチン

 

ペニンシュラ型キッチンの特徴は、左右どちらかが壁と接していて反対側はアイランド型のようにフリーになっている点です。そのため、コンロを壁寄りに設置することでリビングへの油跳ねを防止できるほか、アイランド型程のスペースが必要なく、汎用性が高いでしょう。

 

アイランド型のキッチンを設置するスペースはなくとも、それに近いキッチンにしたいという方にはおすすめのキッチンスタイルとなっています。

 

I型キッチン

手元を隠せるI型キッチン

 

I型キッチンの一番の特徴はキッチンカウンターの高さを利用して手元を隠すことができる点です。対面式のキッチンであるためキッチンからリビングをみることはできても、リビングからキッチンの手元をみることはできないため、洗い物が溜まっていても見た目が気になりません。

 

キッチン周りはなにかと汚れたりものが置いてあることが多いので、そのようなゴチャついた感じや生活感をあまり見せたくない場合には目隠しがあるので便利でしょう。

 

L型キッチン

 

L型キッチンは作業スペースを広く確保できるのが特徴です。キッチンが直角になっており、作業をしながら真横にあるコンロの火加減を確認するといったことも簡単に行えるので、家事の効率が上がるでしょう。

 

移動も少なくて済むので、広々としたスペースで快適に料理をしたい人にはおすすめのキッチンスタイルとなっています。

 

セパレート型キッチン

 

セパレート型のキッチンは、コンロとシンクが別々に分かれているのが特徴となります。これにより、シンク横とコンロ横それぞれに作業スペースを設けることが可能です。

 

ある程度広さは必要となりますが、壁面収納などキッチン家電などをしまうスペースも確保できるので、全体的にゆったりとキッチンを使用することができます。とくに最近注目されているキッチンスタイルの一つです。

 

【後悔しないために】オープンキッチンのデメリット

オープンキッチンにもデメリットはあります

 

オープンキッチンはデザイン性・機能性の両方が優れたキッチンスタイルです。しかし、実際に導入を決める前にデメリットについて確認をしておきましょう。一見便利に思えるオープンキッチンですが、なかには使用するうえでデメリットとなる一面もあるので、それらをしっかりと把握しておきましょう。

 

サイズや形状によっては使いにくいことも

 

オープンキッチンを設置する際、サイズや形状はとくにこだわりましょう。オープンキッチンの種類によってはアイランド型やセパレート型のようにある程度広さが必要となる種類があるので、リビングダイニングの間取りとの兼ね合いを意識しなければなりません。

 

キッチンスペースを優先してしまったがために、リビングの間取りが狭くなってしまったという失敗はよく起こることなのです。また、キッチンは高さも重要であり、よく使用する人の身体に合わせて設計をしないと使い勝手が悪く、身体を壊してしまうこともあるので注意しましょう。

 

丸見えであるため収納や清潔面が気になる

 

オープンキッチンは文字通り「オープン」であるため、基本的にはリビングからすべて丸見えとなります。そのため、キッチンの見た目はよくても整理整頓がされていないと、見た目が悪くなってしまうでしょう。

 

せっかくのオープンキッチンを常にきれいな状態で使う自信がないのであれば「I型キッチン」のような手元を隠せるような形状のものにすることをおすすめします。オープンキッチンの形状はいくつか種類があるので、自身の性格やライフスタイルに合わせて最適なものを選択するとよいでしょう。

 

キッチンの汚れがリビングにまで広がることも

 

オープンキッチンはリビングダイニングと接しているため、洗い物をしているときのスポンジの泡や、炒め物をしているときの油跳ねといった汚れが飛散してしまうことがあります。そのため、常に床や壁などの汚れには気をつかう必要があるでしょう。

 

また、キッチン周りに使用する床材を油に強いものにしたり、水などで濡れた際に滑りにくいものにしておくといった工夫も大事です。毎日使う場所なので、なるべく普段から清潔に保てるようにしたいですね。

 

オープンキッチン設置にかかる費用相場

おしゃれなオープンキッチン

 

オープンキッチンを導入する際には、キッチン本体にかかる費用と施工業者の工事費が必要になります。キッチン本体の価格は種類やグレードによって異なりますが、工事費と併せて100万円~300万円の範囲であることが多いです。

 

メーカーや施工プランによってキッチン本体の価格が割引になることも多いので、必ず施工業者に相談をしてみましょう。キッチンだけでなく床や壁のクロスを張り替えることも多いため、それらも意識して予算を立てることがポイントです。

 

まとめ│オープンキッチンで後悔しないために間取りに合わせた設置が重要

間取りやライフスタイルに合わせたキッチン選びが重要

 

オープンキッチンはデザイン性・機能性に優れています。最近の家ではオープンキッチンが主流となっていることが多いですが、オープンキッチンにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なるので注意が必要です。

 

そのため、見た目だけで判断するのではなく、実際に使用するうえで不便な点はないかを必ずイメージして決めましょう。なぜなら、ライフスタイルや体型に合わないキッチンを選択してしまうと毎日の家事が苦痛となり負担になってしまうからです。

 

キッチン選びで後悔しないように、今回の記事を参考にそれぞれキッチンの特徴をしっかりと確認したうえで理想のオープンキッチンを見つけましょう。

 

家づくりのこと何でもご相談可能!「おうちでオンライン相談」実施