注文住宅に採用したいキッチン周りの間取りアイデア

 

注文住宅を建てる際、キッチン周りの間取り設計で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

キッチンは頻繁に使用する場所であり、料理をしたり片づけをするなど使いやすさが求められる場所でもあります。

 

そのため、キッチンの間取りをよく検討したうえで家づくりを行わないと「使いにくい」キッチンスペースができあがってしまいます。そこで今回は、注文住宅に採用したいキッチン周りの間取りアイデアについて詳しく紹介していきます。

コラムのポイント
・キッチンの間取り設計は暮らしの質にも直結する?
・キッチンの代表的なスタイルについて解説します。
・おすすめのキッチンの間取りアイデアについて解説します。

 


目次
■注文住宅のキッチン設計は暮らしを左右するほど大事
■キッチンのタイプを知ろう
■注文住宅に取り入れたいキッチンアイデア
■まとめ│家事の効率を考慮しておしゃれなキッチンをつくろう


建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

注文住宅のキッチン設計は暮らしを左右するほど大事

キッチンスペースは普段の暮らしの質を高めるうえでも重要な役割を担っています。なぜなら、暮らしていくうえで「食事」は欠かせないものであり、食事を用意するのはキッチンだからです。

 

そのため、キッチンが使いにくい間取りになってしまうと料理や片づけの効率も落ちてしまい、暮らしの質も下がってしまうでしょう。ここでは、キッチンの間取り設計で注意すべき点についていくつか紹介していきます。

関連記事▷キッチン収納も見せる時代に│おしゃれに収納できるキッチンのポイント

・スペースが狭いと作業しづらい

 

キッチンスペースが狭いと移動がしづらかったり作業がしにくいといったデメリットが生じます。そのため、キッチン周りはある程度スペースに余裕をもって間取りを考えるのがおすすめです。

 

また、キッチンのタイプによっては、人二人が行き交うことができるようなスペースを確保できるものもあるため、そのようなキッチンであれば作業効率も上がり、整理整頓もしやすいでしょう。ただし、キッチンを広くしすぎてしまうことでリビングやほかの部屋が狭くなってしまうこともあるため、注意が必要です。

・収納が少ないと散らかってしまう

 

キッチンは調味料や掃除道具、鍋や食器などさまざまなものが置かれていることがあります。それらをしっかりと収納しておけるスペースがないと、たちまちキッチンスペースが散らかってしまい使い勝手悪いだけでなく見た目も悪くなってしまうでしょう。

 

キッチンは何かとものが増えてしまいがちなので、ある程度広めの収納スペースを確保しておくことをおすすめします。収納が少ないと片付けをするのも億劫になりがちであるため、ものを出しっぱなしにしてしまい汚れの原因ともなるでしょう。

・床の素材を意識しないと汚れが目立つ

 

キッチンで見落としがちなポイントが「床の素材」です。

床の素材によっては油汚れなどが目立ちやすかったり、掃除をしてもなかなか落ちないといった問題があります。また、大理石などの素材によっては水で濡れると滑りやすく危険であるため、マットを敷くといった工夫が必要となるでしょう。

 

いつまでもきれいな状態を維持したいのであれば、見た目を意識しつつも汚れが目立ちにくい素材の床を選ぶとよいでしょう。

キッチンのタイプを知ろう

注文住宅に採用されるキッチンにはいくつかのタイプがあります。キッチンのタイプによって形状や使い勝手が異なるため、家族構成や間取りの広さを見比べつつ、最適なキッチンタイプを選択しましょう。

関連記事▷オープンキッチンで後悔しないために│オープンキッチンの善し悪しを理解しよう

・オープン型

 

オープン型のキッチンはキッチンエリアが開放的で、リビングからもキッチンエリアの様子がすべてみえるようなスタイルとなります。最近ではオープンキッチンが人気であり、アイランドキッチンのようなキッチンだけで独立しているスタイルを好む方も多いです。

 

オープン型のキッチンはスペースが広く移動がしやすいのが特徴であるため、キッチンを広々と使いたい方にとっては最適なスタイルとなるのではないでしょうか。一方、ある程度間取りの広さが必要であるため、全体の間取りに余裕がある場合でないとほかのスペースが狭くなってしまうこともあります。

・クローズ型

 

従来の家のような、リビングとキッチンの壁でそのほかのエリアと分けられているスタイルとなります。導入にかかる費用はオープン型などと比べると安いですが、キッチンスペースの広さや使い勝手でみるとオープン型キッチンに分があるでしょう。

 

クローズ型のキッチンを導入するのであれば、幅を少し広めにとることで移動のしやすさを改善しつつ、収納などのスペースを広めに確保できるような間取りにするのがよいでしょう。

・セミオープン型

 

セミオープン型キッチンの特徴は、オープン型とクローズ型のよいところを併せもっていることです。ある程度開放感がありつつ、コンロなどは壁で覆うことでリビングに汚れが飛び散らないといったメリットがあります。

 

また、L字型のキッチンにすることで作業スペースを広く確保することもできるため、使い方によっては家族の様子も把握しつつ、キッチンを広々と開放的に使うことができるでしょう。

注文住宅に取り入れたいキッチンアイデア

注文住宅のキッチンの間取りは工夫次第で使い勝手をよくすることができます。その際取り入れたい間取りアイデアについてここでは紹介していきます。

関連記事▷使いやすいキッチンの間取りのポイントと実例紹介【神奈川・東京の注文住宅事例】

・パントリー設置する

 

キッチンエリアに隣接するパントリーを設置することで収納スペースを大幅に確保することが可能です。パントリーには飲料水やインスタント食品、調味料の予備など普段は使わないものを収納できるため、キッチン周りが片付き広々と使えるようになるでしょう。

 

パントリーを設置できる間取りがあるのであれば、ぜひとも取り入れたい間取りアイデアではないでしょうか。

・ダイニングテーブルを横並びにする

 

ダイニングテーブルをキッチンエリアと横並びに設置することで移動がしやすくなります。

また、キッチンとダイニングが一体化されることによって、調理から配膳、食事、片付けまでの移動をコンパクトにすることが可能です。

少しでも家事を楽に行いたい場合には効果的な間取りの考え方となるのではないでしょうか。

・回遊動線を意識する

 

キッチンエリアに回遊動線をつくることを意識した間取り設計も、家事の負担を減らすとされています。回遊動線とは、キッチンから別のスペースにも移動することができる動線配置のことで、キッチンを中心にリビングや洗面所など放射状にアクセスできるような間取り設計にすることが多いです。

 

これによって家の中での移動がスムーズとなり、家族同士のすれ違いが難しいような場所でも回り道ができたり近道ができるといったメリットがあるでしょう。

まとめ│家事の効率を考慮しておしゃれなキッチンをつくろう

注文住宅におけるキッチンエリアの間取り設計は簡単ではありません。キッチンにはいくつかの種類があり、それぞれの特徴を活かした間取りを考えることが必要となるでしょう。

 

その際、間取りの広さに合わないキッチンを選択してしまうと部屋が狭くなってしまうので、注意が必要です。また、収納や移動のしやすさを重視するのであればパントリーの設置や回遊動線を意識した間取り設計をしてみてはいかがでしょうか。

 

使い勝手のよいキッチンをつくり、家事の効率や生活の質を高められるような間取り設計を意識してみてください。

 

家づくりのこと何でもご相談可能!「おうちでオンライン相談」実施