平屋のメリット6選とおしゃれに暮らすコツ

 

 

二階建ての家が立ち並ぶ中、ぽんっと目に入る平屋建ての家が目に入るととても気になりますよね。平屋は、今や老後の選択肢ではなく、若い世代の方の選択肢の一つでもあります。

平屋建てにすることで、家族間のコミュニケーションが密にとれたり、経済面でもお得であったりといいことがたくさんあります!今回は、そんな平屋建てのメリットやおしゃれに暮らすためのインテリア例をご紹介しましょう。

このコラムが、家づくりの参考になれば幸いです。

 

 

コラムのポイント

・平屋の家は、マンションのように1つのフロアで生活でき、かつ戸建てのように庭を持つことができる一階建ての建物のことを指します。
・家族間のコミュニケーションや金銭面、構造面など多くのメリットがあり、持たない暮らしをしたい方にはさらにフィットした住まいです。
・メリットだけでなく、インテリア例も知ることで、マイホーム作りをより楽しく進めていくことができます。

 

 

 

平屋はなぜ今人気なの?

 

インテリア雑誌やSNSでも最近よく見かける平屋の家。小さくて狭い…と言うのは昔の話で、現在は心地よく住むための工夫がたくさんなされている家なのです。

 

 

平屋とは

平屋とは、マンションのように1つのフロアで生活でき、かつ戸建てのように庭を持つことができる一階建ての建物のことです。

2階建ての住宅と比べると、天井を高くしたり広々とした吹き抜けを作ったり、採光を工夫しやすかったり…と自由度の高い設計ができます。部屋数は少ないですが、その分ライフスタイルや暮らしに対する理想を表現しやすく、納得のいく家づくりと暮らしが実現しやすくなります。

 

 

暮らしやすさと人とのつながり

平屋に暮らすことで、常に家族を身近に感じることができます。人間関係の希薄化、家族間のコミュニケーション不足など様々な問題が近年叫ばれていますが、平屋ではその心配はありません。常にいる安心感が、穏やかな心と暮らしを支えてくれます。

そんな穏やかな暮らしをしている家は、常に笑顔と笑いが絶えないでしょう。

 

 

 

平屋建てのメリット6選

 

では、平屋の家にはどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。

 

メリット① 家族間のコミュニケーションがスムーズに!

同じフロア内にすべての生活スペースがあり、シンプルでとてもコンパクトな作りなのが平屋です。家のどこにいても家族で顔をあわせることができ、いつでもコミュニケーションをとることができます。

仕事の帰りが遅い父親と最近顔を合わせていない、娘の帰りが最近遅いが、すぐに部屋に閉じこもるのであまり会話ができない…という心配もあまりしなくて良くなります。家族を常に身近に感じることで、健康面にも常に目を配ることができるでしょう。もし元気がなかったり、様子がいつもと違ったりしても、すぐに気が付き声をかけることができます。

リビングを大胆に設置する、対面キッチンで常に顔が見えるようにする、個々の部屋の数を減らす、などの工夫で、さらにコミュニケーションを密にとることができます。

 

 

メリット② 光熱費を抑えられる!

平屋では、ほぼリビングをメインに家族が生活をともにしています。そのため、同じ場所の電気しか使わないので、冷暖房費用や電気代を抑えることができます。また、コンパクトな作りなので冷暖房効率もとても良いです。

最近は、電気代もそこまでかからずしっかりと冷房や暖房が効く設備が整ってきているので、その恩恵を受けることができます。

2階建て住宅の各部屋でエアコンを使用した場合では、それぞれの部屋が涼しくなるには時間がかかり、冷房効率が悪くなります。それぞれの部屋の温度差がありすぎる場合には、真冬にヒートショックを起こす可能性も高くなります。

 

 

メリット③ 税金も抑えられる!

平屋の家は、建築段階では坪単価や外壁などで、どうしても二階建ての家よりも価格が高くなってしまう場合があります。しかし、家を建てた後の継続的に支払う税金は抑えることができます。

平屋は背が低くどっしりとした作りなので、木造であっても耐震的に不安が少なく、丈夫な家になります。毎年払う固定資産税は、評価額によって変わるのですが、木造住宅の場合木の劣化に伴い、家屋の評価は下がっていきます。そのため、年々税金の額が下がっていく可能性が高いです。

 

また、固定資産税は、家屋の床面積も評価対象となります。敷地内にある車庫は、床面積に含まれるのですが、壁のないカーポートは対象外となります。こういった小さな工夫で税金を抑えることができます。

 

 

メリット④ 安定した構造への安心感!

先にも述べましたが、平屋は建物の高さが低く横に広いので、構造的にどっしりとして安定しています。二階建ての家やビルなどのような複数階の建物と比べてみても、一目瞭然でしょう。そのため、地震や台風などの災害での危険や被害を抑えることができます。

また、屋根の角度をなだらかにすることで、見た目にも安定した造りにすることができます。

 

 

メリット⑤ どの世代も安心のバリアフリー!

だんだんと年を重ねてくると、若い頃はなんとも思わなかった少しの段差にも足を取られ、転倒やケガがどうしても増えてきてしまいます。平屋は二階というものがなく、階段もなければ大きな段差もない設計です。フラットな床と、足をとられる心配のない環境であれば、終の棲家として選びやすくなります。

 

また、階段を上り下りする必要がないのでとても楽な生活動線です。高齢者による階段からの転落事故が起きないだけでなく、小さいお子様の転落の可能性もありません。子育てで手がいっぱいの時期、そういったリスクがないだけでも安心して子育てに専念できるのではないでしょうか。

 

 

メリット⑥ ミニマリストにぴったり!

近年増えてきているミニマリスト。モノを持たなくなったので、二階建てほどのスペースは必要ない…という方も多いのではないでしょうか。

平屋で暮らす場合、収納スペースも限られているのでモノを減らさなければなりません。元々モノが多い方は、大変な作業かもしれません。しかしミニマリストの方にとっては、ちょうど良いスペースにちょうど良いモノの量で暮らすことができる最高の空間になりえます。

 

 

このように、たくさんのメリットがある平屋の家。新しい生活を始めるにふさわしい家となりそうですね。

 

 

 

インテリア次第でおしゃれに!

平屋の家は、インテリア次第でおしゃれで統一された空間になります。統一感があることで、空間が広く見え、狭さを感じることがありません。インテリアはよくわからない…という方でも取り入れやすい、3つのスタイルをご紹介しましょう。

 

 

北欧風インテリア

寒さが厳しく、家にいる時間が長い北欧で発展してきた北欧の家具。選び抜かれた上質の家具によってセンス良い部屋を作ることができます。

 

 

アンティーク風インテリア

日本の古道具や昔のヨーロッパで使われていた家具を配置したインテリア。減退の家具と合わせることで、メリハリ感のある仕上がりが楽しむことができます。古道具の素朴な雰囲気にナチュラルなドライフラワーなどをあわせると、ぐっと雰囲気が良くなります。

 

ナチュラル風インテリア

無垢材で仕上げた家具やシンプルな雑貨をあわせることで、ナチュラルで落ち着きのある空間づくりができます。

オープン棚にお気に入りのキッチン道具や雑貨を並べてほっこりとした雰囲気を作り上げます。

 

 

 

平屋の家で穏やかな暮らしを

平屋建ての家は、たくさんのメリットがあり、これからの生活をぐっと豊かにすることができます。

家族同士のつながりをより強く感じることのできる平屋の家で、新たな生活をスタートさせましょう!

 

平屋の実例を見たい、金銭面や準備面などを詳しく聞きたい、という方はお気軽にネクストハウスにお問い合わせくださいね。