Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317

総二階の間取り計画方法|手順や注意点

新築住宅では、総二階の間取りが多く建てられています。

しかし「間取りの決め方が分からない…」「注意点はあるの?」など、気になる点がある方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、総二階住宅の間取り計画ポイントについてご紹介していきます。

具体的な注意点もまとめているので、新築計画の参考にしてみてください。

コラムのポイント

・総二階の間取り計画のポイントが分かります!

・間取り計画の基本的な流れをチェック!

総二階とは

「総二階」とは、1階と2階の面積がほぼ同じである建物のことを指します。

1階の床面積と2階の床面積がほぼ一致し、外観から見ても上下の階が同じ大きさ・形状になっている状態です。

シンプルな見た目で設計しやすいため、多くの住宅で採用されています。

一部二階建てとの違い

「一部二階建て」とは、建物の一部だけが二階建てになっている設計のことを指します。

例えば、リビングやダイニングがある部分は平屋(1階建て)で、寝室や書斎などがある部分だけが2階建てになっているような構造です。

隣家が密集しているような地域では、あえて一部二階建てにすることで採光や通風を確保する場合も多いです。

建物の一部が二階建てになることで外観に変化が生まれ、個性的で魅力的なデザインが可能になります。

総二階のメリット

ここでは、住宅の間取りを総二階にするメリットについてご紹介します。

「間取りについて迷っている…」という方は、ぜひチェックしてみてください。

建築コストが安い

総二階では1階と2階の間取りがほぼ同じであるため、壁や柱、梁などの構造材を効率的に使用できます。

また基礎や屋根の形状がシンプルなので、施工の手間が掛かりにくくなります。

これにより無駄な材料を削減でき、コスト削減につながるのです。

また内装や配管設備に関しても、作業効率が向上します。

特に大工工事や配管工事などで作業がスムーズに進むため、人件費の削減にも貢献します。

上下階の間取りが同じであるため、水道やガス、電気の配管や配線を効率的に配置できるのがメリットです。

配管や配線の経路が短くなれば、材料費や工事費も安くなります。

シンプルな間取りが可能

1階と2階の面積が揃っていることで、設計が一貫したシンプルなレイアウトが可能になります。

これにより、無駄のない効率的な空間利用が実現できます。

また動線が単純になり、生活動線や家事動線が明確になるのもメリットです。

日常生活がスムーズになることで、利便性が向上します。

さらに配管や配線の経路が単純なため、故障時の修理や改修工事も容易に行えます。

メンテナンスやリフォームがしやすいため、将来的に修繕する際にも便利です。

耐震性・断熱性が高い

総二階の住宅では、建物全体の荷重が均等に基礎に分散されます。

これにより、地震などの水平荷重に対する耐性が向上します。

特に上下階の壁や柱の位置が揃っているため、建物全体の構造が安定するのが特徴です。

また外形がシンプルで凹凸が少ないため、断熱材を均等に配置しやすくなります。

建物全体の断熱性能が向上することで、室内が快適な状態に保たれます。

冷暖房の効率も上がるので、光熱費の節約につながるのです。

総二階の間取り計画の流れ

ここでは、総二階の間取り計画の流れについてご紹介します。

シンプルで間取りが決めやすそうなイメージがありますが、意外と部屋の配置や方角には迷いやすいものです。

ポイントを押さえることで、失敗しない新築計画を実現しましょう。

①玄関の方角を決める

まずは、玄関の方角を決めます。

基本的には玄関の方角に決まりはないため、理想のイメージに合わせて方角を決めることが多いです。

たとえば南玄関の場合には、日中を通して日当たりが良くなります。

特に冬季に暖かさを感じやすく、玄関が明るいと家全体の雰囲気も良くなります。

一方で東玄関の場合、朝日を取り入れやすくなるのが特徴です。

日が昇る朝の時間帯に明るくなるため、爽やかな気持ちで一日を始められます。

また風水では東向きの玄関が「成長と発展」の気を取り入れるとされ、新しい始まりをスタートするのにぴったりです。

それぞれの玄関の特徴を理解し、設計や住まい方に応じて適切な対策を講じることが大切です。

②部屋数を決める

間取り計画において、部屋数を決めることは非常に重要です。

部屋数を適切に計画することで、住宅の使い勝手や快適性が向上して生活の質も良くなります。

まずは家族の人数や年齢、性別などを考慮して、各メンバーに適した部屋を設ける必要があります。

基本的には夫婦の寝室と、子どもの人数分の個室を設ける間取りが多いです。

具体的には4人家族で3~4LDK、5人家族なら4~5LDKとなります。

また将来の家族構成の変化を見越して、余裕を持って部屋を設計することが重要です。

将来的に子供が増える可能性や、介護のために部屋を増やす必要性などを考えましょう。

③水回りの位置を決める

水回りとは、キッチン、バスルーム、トイレといった水道を使う場所のことを指します。

基本的には、水回りは1か所にまとめて配置すると便利です。

家事動線がコンパクトになることで、家事が楽になります。

またキッチンやバスルーム、トイレなどの水回りの間取りでは、給排水の配管経路を考慮する必要があります。

配管経路が短く直線的であれば、給水や排水の効率が向上してトラブルが少なくなるのです。

またトイレやバスルームに関しては、プライバシーを確保することも重要です。

リビングや寝室から見えないような配置にしたり、遮蔽物を設けたりすることで、プライバシーを守りましょう。

総二階間取りの注意点

ここでは、総二階の間取りの注意点についてご紹介します。

建物が完成してから「期待外れだった…」と後悔することの無いよう、しっかり確認しておきましょう。

土地の制限がある

地域の建築基準法や地方自治体の条例によって、建物の高さや階数、建蔽率、容積率などの制限が設けられている場合があります。

そのため総二階の間取りを計画する際には、違反しないように適切に対応する必要があるのです。

特に住宅密集地域の場合には、日影規制を考慮することが求められます。

近隣の日照を確保できるよう配慮して、適切な間取りを計画しましょう。

外観が単調

総二階間取りは1階と2階の面積がほぼ同じになるため、外観が単調になる可能性があります。

特に上下階で同じ位置に窓を配置する場合、外観が平面的になりがちです。

そのため、窓のデザインや配置に工夫が必要です。

また外壁材の色や質感、アクセントを使い分けることで、単調な外観に変化を持たせることもあります。

例えば異なる素材を組み合わせたり、一部にタイルや木材を使用するとおしゃれになります。

さらに窓の形状やサイズ、配置に変化をつけると、外観にリズムが生まれるためおすすめです。

部屋割りが難しい

総二階間取りはシンプルな形状である分、部屋割りが難しくなってしまう場合があります。

特に水回りは上下階で同じ位置に配置するのが一般的ですが、これが間取りの制約となり、他の部屋の配置が難しくなるケースが多いです。

そのため部屋の用途や家族のライフスタイルに応じて、柔軟にレイアウトを考えることが重要です。

具体的には部屋の用途に応じてゾーニングを行うと、部屋割りがしやすくなります。

例えば、1階をパブリックゾーン(リビング、ダイニング、キッチン)、2階をプライベートゾーン(寝室、子供部屋、書斎)と大まかに分けることで、快適な生活空間が実現します。

まとめ

本記事では、総二階の間取りについてご紹介してきました。

間取り計画では悩みがちなポイントが多いため、プロに相談した方が上手くいくことが多いです。

本記事でご紹介した内容を参考に、ぜひ気軽に相談してみましょう。

ネクストハウスでは実際のLDKを見学できるモデルハウスを東京・神奈川に複数ご用意しています。

お気軽にお越しください!

注文住宅のモデルハウス

【ネクストハウスのモデルハウス情報】

【ネクストハウスの注文住宅実例

自宅にいながらプロに相談できる「おうちでオンライン相談」も実施しています。

豊富な経験からアドバイスできるので、ぜひお気軽にご相談くださいね。

家づくりのこと何でもご相談可能!「おうちでオンライン相談」実施

神奈川エリアで土地探し 東京エリアで土地探し 千葉エリアで土地探し

監修者情報

ネクストハウス

理想の次世代住宅を求めやすい価格で

建設業許可番号

特定建設業許可 許可番号 国土交通大臣許可(特-1)第25561 号

NEW 新着記事

人気の記事

カテゴリ

アーカイブ

nexthouse スタッフブログ