違いは?自由設計と注文住宅の家


 
 
 
POINT
・自由設計は建築条件付き培地を購入し、そこに家を建てることができます。
建築会社や設備は選部ことができません。その分、間取りの自由度は高くスピーディーに家づくりを進められます。
・注文住宅は、間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高い家を建てることができます。
その分、予算や手間、時間がかかります。
・このコラムを読んで頂くことで、自由設計と注文住宅の違いを知り、自身に合った家づくりの方法を知ることができます。
 
 
 
間取りを自由に決めたいし、こだわりのキッチンを備えたい!
建売では満足いかないから、注文住宅にしたい!
…と、家づくりに大きな希望を抱いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
 
ご自身にあったやり方で家を建てることが、一番満足度が高くなりますよね。
今回は、家づくりを進めていく上で悩みがちな、注文住宅と自由設計の家の違いについてご説明します。

建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

自由設計はどんな家?


 

 
自由設計の家は、条件付きの土地の売買契約を結び購入し、後からその場所に家を建てるものです。
 
 
建築条件付き売地
建売住宅を購入する場合、土地と住宅をセットで購入します。
一方、条件付きの土地の売買をする場合は、土地の売主や売り主が指定するハウスメーカーや
工務店などの建築業者と契約を結ぶことが土地契約の条件です。
 
 
建築業者は選べない
すでに取引を行う建築業者が決まっているので、自分好みの建築業者に家を建ててもらうことができません。
そして多くの場合、土地売買の契約後3カ月以内に
、建物の間取りプランなどを決めて建築請負契約を締結する流れとなります。
期限内にプランが決まらなかった場合、土地の契約自体が白紙撤回されるので注意が必要です。
 
 
間取りの自由度は高い
自由設計は、間取りの自由度が高いというのが特長です。
通常であれば、間取りを自由に決めると費用はその分高くなります。
しかし、自由設計であれば間取りを決めたり提示されていたものを変更したりすることで、
費用が高くなることはほとんどありません。
 
ただ、キッチンやバスなどの設備の自由度は低くなります。設備の仕様は、建築会社指定のものになります。
こだわりたい方にとって、自分で好きなタイプの設備を選べないのは残念ですね。
設備にはこだわらない、間取りだけ自由に決めることができればそれでいい、というのであれば、
注文住宅よりも自由設計の方が金銭的な負担を抑えることができます。
 
 
自由設計はフリープランと表現されることがあり、契約するまで注文住宅と同様、
間取りでも設備でも何でも自分の好きな様に決めることができる、と思われてしまうことがあります。
しかし、注文住宅とは似ている様で違います。
フリープランは自由設計と同様なので、設備などを依頼主が選ぶことはできません。
言葉に騙されないように注意が必要です。
 
 
 
 
 
注文住宅はどんな家?


 

間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高いのが注文住宅です。
自由設計よりも制約が多そうな気がしますが、建築会社や設備などの縛りもほとんどありません。
 
注文住宅は、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅と大きく2つに分けられます。
 
フルオーダー住宅
使用する木材や断熱材などの資材、窓や扉の仕様など、
新築に関わるすべての項目において、依頼者が指定して建築する住宅です。
とても自由度が高く、好みの家を建てることができます。しかしその反面、かなりの建築知識が必要となります。
さらに、他の住宅に比べて圧倒的に手間、時間がかかる上、こだわる分資金が必要となります。
その分、自分が追い求める世界にひとつだけの家を建てることができます。
 
 
セミオーダー住宅
フルオーダー住宅に比べ、基本的な仕様はあらかじめ決められています。
風呂や洗面台、トイレ、キッチンなどの住宅設備、外壁の資材、これら全ての色などは自由に決めることができます。
また、間取りも決めることができます。
詳しい建築知識がなくても、時間と資金をかけることで設備や内装を決めることができます。
建築会社の指す注文住宅は、セミオーダー住宅を指している場合がほとんどでしょうが、
実際はどこまで自由がきくのか、仕様を決めることができるのかといった確認が必要です。

建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

自由設計と注文住宅のメリットを知ろう


 

 
このように、自由設計と注文住宅とでは、似ているようで違う部分が多々あります。
大きくは自由度とそれにかかる費用の違いです。
では、自由設計と注文住宅それぞれのメリットを見てみましょう。
 
 
 
 
自由設計の3つのメリット

自由設計の家は、以下のような3つのメリットがあります。
 
 
⒈ 価格を抑えて建てることができる
自由設計の家は、土地も建物も比較的安価に購入することができます。
建物自体も、建築業者が指定した資材や設備で建てるので比較的安価に建てることができます。
間取りを自由に考えることができると言っても、建売住宅との価格差はさほどありません。
売主が土地と建物の両方から利益を得ることができるので、単体よりも低めの価格設定になっています。
また、土地を相場通りで購入することができます。土地単体を購入する時、
注文住宅を建てるのであれば多くの場合、相場〜相場の約1.3倍で販売されています。
そして仲介手数料などの諸経費で、さらに価格は上がっていきます。
最終的に大きな出費となることを考えると、土地を安価で購入でき、その分トータルの価格が抑えら得るのは魅力でしょう。
 
 
⒉ 間取りを選ぶことができる
自由設計の家は、間取りの希望を伝えることができます。
リビングを広く取りたい、狭くてもいいので部屋数を増やしたい、など家の快適さを左右する間取りを自由に選ぶことができます。
設備にはこだわらないけれど、間取りの希望だけは譲れない、というのであれば自由設計で得られるものは大きいでしょう。
 
 
⒊ スピーディーな家づくりが可能
自由設計の家は、注文住宅に比べて打ち合わせ時間や期間、労力が少なくなります。
元々、すでにモデルプランがある場合がほとんどだからです。
そのモデルプランをベースに、好みや希望を反映させていくので、一から作り上げていくだけの労力、時間は必要なくなります。
ある程度の希望はあるものの、基本的に専門業者に任せたい、家づくりはスピーディーに進めていきたい、
という場合は自由設計で建てるやり方があっているのかもしれません。
 
 
 
 
 
注文住宅の3つのメリット
 

 
注文住宅にも、以下のようなメリットがあります。
 
⒈ 建築現場を確認
 
建売住宅では、どのような過程を踏み家が作られていくのかを知ることができません。
しかし、注文住宅であれば、家が出来上がっていく様を確認することができます。
いつ見に来られるかわからない、といういい意味でのプレッシャーにより手抜き工事を避けることもできます。
実際に、注文住宅は建売住宅に比べ、欠陥住宅が圧倒的に少ないと言われています。
今後長く住み続ける家が、きちんとした手順で安全に作られているかを知ることは、住み続ける上での安心材料になります。
 
 
⒉ 予算の調整が可能
注文住宅は、細部にこだわって作り上げることが可能です。
そうすると、予算が跳ね上がってしまうのではないか、と思う方も多いかもしれません。
しかし、こだわらない部分に関しては、グレードを下げるという選択肢もあるので、予算を調節することができます。
トイレの壁紙にはこだわるが、トイレの自動洗浄機能には必要性を感じていない、という場合、
壁紙には予算をかけ、トイレはグレードを下げ安く抑える、というようにバランスをとることが可能となります。
設計担当者とじっくりと相談し、納得いくまで予算を調整しましょう。
 
 
⒊ 信頼できる施工会社を選ぶことができる
ハウスメーカーも工務店も、評判の良い会社もあれば悪い会社もあり千差万別です。
評判が全てではありませんが、今までの実績の積み重ねであることが大きいので、
評判の良い会社に家を建ててもらいたいですよね。
注文住宅は、評判の良い会社、評判の良い担当者を選んで施工をしてもらうことが可能です。
同じ設計図で作り、同じ建物を建てるにしても、どうしても品質に差は出てしまいます。
良い会社の情報をこまめに収集し、そこで建築するようにしましょう。

建築実例

Amazonギフト券2000円プレゼント

建てるなら理想が叶う手段を


 

 
自由設計と注文住宅は、似ているようで違います。
それぞれのメリットがあるので、一概にどちらで建てるのがいい、とは言えませんが、
地震の計画や予算に合ったやり方で、希望のつまった家づくりを進めていきましょう。
 
 
ネクストハウスは、お客様の理想を叶える世界で一つだけのお家を提供いたします。
お客様のご状況・ご希望をお聞かせください。
お客様のご相談内容に応じて、アドバイスや自由設計のご提案をさせていただきます。
 
 
 
[metaslider id=68]