相談会参加申し込みはこちら! 資料請求はこちら! お電話での問い合わせはこちら!
資料請求はこちら! 相談会参加申し込みはこちら! モデルハウス見学はこちら!

ネクストハウス

ネクストハウス

メニュー一覧

資料請求

モデル/店舗

slide1

住まいのお役立ちコラム

トップページ > スタッフブログ > 突然の水災害?!豪雨の時、家で気をつけるべき3つのポイントをご紹介
2018/10/15

突然の水災害?!豪雨の時、家で気をつけるべき3つのポイントをご紹介

こんにちは!マーケティング所属の斉藤です。
今年は豪雨災害が各地で多発し、新聞でも目にすることが多かったのではないでしょうか・・
食料の備蓄・建物の補強等、事前の対策も大事ですが、いざ台風が来た時どこに注意するべきか、3つのポイントをご紹介しようと思います

 

異音がしたら危険のサイン??トイレでやるべき対策

 

豪雨の際、下水は逆流し、トイレやお風呂場、洗濯機の排水溝から、下水が噴き出てしまうことがあります。下水道の水位が急上昇することが原因で、なんと2階まで逆流してしまうことも・・。
「ゴポゴポ・・」という聞きなれない音が排水溝から聞こえてきたら、早急に対処しましょう。

 

対策:

ビニール袋に水を入れた「水のう」を便器に入れましょう。
40Lや45L用の大きなビニール袋・ゴミ袋がオススメです。水は、半分程度(20L)入れ、残りの空気をできる限り袋から抜いて、口をきつく結ぶことが重要です。

 

路面店でよく見かける土嚢(どのう)。代用品を使ってお家でも玄関浸水を防げます

 

豪雨の時に路面に面するお店で土嚢を見かけること、ありますよね。土嚢を常日頃家に置いておくことは難しいですが、代用品を使うことで、家でも水の侵入を防ぐことができます。

 

対策:

家の道路から水が侵入しないように、道に面した門柱の間などに以下のものを敷き詰めましょう。
プランターで代用:プランターに土を入れ、レジャーシートを巻く
ゴミ袋と水で代用:ゴミ袋の中に水を入れ、隙間なく並べます。
ポリタンクで代用:10−20Lのポリタンクに水を入れて、レジャーシートで巻き連結

床下収納にもご注意

 

普段は便利な床下収納ですが、床下が浸水してしまうと、ふたが開いて水が室内に入ってしまうことも・・。

 

対策:

重いものや、水のうで床下収納を塞ぎ、浸水を軽減しましょう。

ネクストハウスでは台風等の際に、すぐに対応できるよう待機しています!

 

ネクストハウスでは、災害時や、台風の予報があった際には、施工管理の者が深夜事務所に待機し、お客様のもしも、に備えます。また、災害に備えたお家のご相談、ご提案もできますので、お気軽にご連絡ください。

無料資料請求はこちら 無料相談会予約はこちら

アクティエ

採用情報

KENJA GLOBAL(賢者グローバル) ネクストグループ 豊藏一幸

ネクストグループ

©ネクストイノベーション株式会社